今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

臨済宗両足院 半夏生の庭の見ごろはいつなのか?

おしゃれ京都

臨済宗両足院 半夏生の庭の見ごろはいつなのか?
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

初夏には両足院の庭 池辺の半夏生が見ごろになる!

両足院は、京都市東山区祇園にある臨済宗大本山の建仁寺塔頭で、初心者向けに坐禅体験などを行っています。

臨済宗の栄西禅師は、お茶を日本に伝えた方として知られています。また両足院は饅頭の始祖のお寺だそうです。

両足院には、枯山水庭園のほかに池泉廻遊式庭園があり、初夏には池辺の半夏生が見ごろになります。

初夏の特別拝観、初夏と冬の2回のみ公開されています。
期間は5月26日(金)~7月6日(木)10時~17時

半夏生の庭園と茶室特別公開、臨池亭での呈茶があります。
期間は6月10日(土)~6月25日(日) 10時~16時30分

初夏の水辺に咲く花、半夏生

半夏生は、高さ二尺位のドクダミ科植物で烏柄杓ともいい、七十二候の半夏生のころに白い穂状の花が開く。

半夏生は七十二候の一つで七月二日(うどんの日)ごろ、半夏と略されることが多く半夏の禿げあがりと言われる。

梅雨があけて晴れあがるという意味です。真夏になる区切りなので遅くても田植えは半夏までには終わらせておかないといけない。

農家にとって重要な季節の節目なので、たこやいもを食べたりする習俗があります。香川県では、七月二日はうどんの日です。

写真=半夏生、ドクダミ科
初夏の水辺に咲く花、烏柄杓ともいう薬草で、七十二候の半夏生(七月二日ごろ)のころに白い穂状の花を開かせる。

両足院とは?

両足院は、建仁寺の開山・明庵栄西(みんなんようさい)禅師の法脈・黄龍派(おうりょうは)を受け継ぐ龍山徳見(りゅうざんとっけん)禅師を開山とする臨済宗建仁寺派の塔頭寺院です。

出典 http://ryosokuin.com

両足院は、建仁寺の開山・明庵栄西(みんなんようさい)禅師の法脈・黄龍派(おうりょうは)を受け継ぐ龍山徳見(りゅうざんとっけん)禅師を開山とする臨済宗建仁寺派の塔頭寺院です。

また江戸初期までは、知足院と霊泉院が輪番で建仁寺開山堂・護国院を守塔していたこともあり、建仁寺開山明庵栄西禅師の直系黄龍派の中心寺院であったことがわかります。

出典 http://ryosokuin.com

ネット上で噂の「両足院 半夏生の庭園特別拝観」を調べた!

世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
1
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

月別アーカイブ

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ